栗材・栂材の製材所  株式会社 中球磨木材<熊本県球磨郡あさぎり町>

赤松材

赤松材

特徴

北海道南部から本州、四国、九州にかけて幅広く分布するマツ科の針葉樹で、心材は黄褐色、辺材は黄白色の木材です。

辺材と心材の境目は分かりにくいです。重く硬い木材として知られ、加工性はそこそこです。曲げ弾性率や引張強度に優れた種類です。盆栽にもよく使われる樹木です。

保存性は中程度、木理は真っすぐですが、肌目は粗い紋様です。松だけに、松脂となる樹脂成分が含まれています。


powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional