栗材・栂材の製材所  株式会社 中球磨木材<熊本県球磨郡あさぎり町>

びっ栗じっ栗 ゆっ栗

びっ栗じっ栗 ゆっ栗

びっくり じっくり ゆっくり」の意図は、球磨産の栗材は、油分(気候風土的なもので)が多く、年数が経つにつれ栗の色が変色してきます。

その色が稲穂の色といいますか、“コガネ色”とはいかないにしてもそんな色に変わっていきます。

この色の変化は他の広葉樹にも見られますが、栗がこの様に変化するのは、土地柄、気候的なもの、そして施主さんのメンテ次第でさらにこの色が引き出されるのかもしれません。



こうした広葉樹には面白い性格があり、中でもこの栗の性格は“ナゾ”に満ちた不思議な木材です。

この性格を引き出すのが我々人の手、手に触れること、触ってみて この五感で感じて下さい。例えば、素足で触れる、寝ころんで触る、触れる方法は人それぞれですが、杢目を眺めるだけでも楽しいですよ。杢目も沢山の名前があります。一パーツ、一パーツの杢が違うのもまた面白いですよ。


このように、“栗フローリング” な~んだ、ただのフローリングではないか・・・と思われるでしょうが、この栗に何回となく触れることにより、栗も施主さんとフレンドリーな気持ちになり、そうこうしているうちに、あら!ま!・・・あとは施主さんのコメントお待ちしております。

“びっくり”そして“じっくり”と愛着を持って、それからは栗のフローリングとやすらぎの空間を共にして、心・身をリセットする居場所を求めて下さい。


左メニュー下 中球磨木材の看板「びっ栗じっ栗 ゆっ栗」

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional